酒類販売業免許

例えば以下のようなケースで酒類小売業免許や酒類卸売業免許が必要となります。

  • コンビニ・スーパー・ドラッグストア・リサイクルショップでお酒を販売したい
  • インターネットでお酒を販売したい
  • 海外のお酒を輸入して販売したい
  • 国産のお酒を海外に輸出したい
  • お酒を酒屋に卸売したい

酒類販売業免許の申請には次のような手続きが必要です!

  • 人的要件・場所的要件・経営基礎要件・受給調整要件の確認
  • 国税庁のてびきをよく読み申請に備える
  • 収支計画などの事業計画の作成
  • 酒類指導官との協議
  • 酒類販売管理者の研修会の申込
  • 申請書類の作成・提出・補正

弊所がこのような手続をすべて代行します!

お客さまとのヒアリング後、必要書類の確認をし、事前協議・公的書類収集・書類作成・提出・補正・役所協議を代行致します!

こんなお悩みありませんか?当事務所が解決いたします!

  • 開業準備で他にもやることがあって時間がない
  • 税務署の酒類指導官とうまく協議できるか不安…
  • 事業計画書や申請書類を丸投げしたい
  • 急いで免許取得したい!
  • 面倒な手続は全部お任せしたい
  • とにかく専門家に相談したい!
酒販免許についてよくわかる記事はこちら

買取店などを運営する方はこちらの記事がおすすめです中古の酒販売に古物商許可は必要!?

 

無料で相談してみる

☎090-6254-3105

今すぐお気軽にお電話ください。

専門家がわかりやすくていねいに対応いたします。

無料相談受付中 TEL:090-6254-3105メールでのお問い合わせ
一番上に戻る