ブログ

2020.07.13

仕入れたお酒をオリジナル瓶に詰め替えて売りたい!

仕入れたお酒をオリジナル瓶に詰め替えて売りたい!

自社の販売戦略として「仕入れたお酒を自社のオリジナルの瓶などに詰め替えて、オリジナルのラベルを貼って販売したい!」と思ったことありませんか?
 このような場合は酒類販売業免許で対応可能なのでしょうか?

この記事では、お酒の詰替え販売についてわかりやすく解説しています。

 

 どんな手続きが必要なの?

お酒の詰替え販売を行う場合は「詰替えの届出」「ラベルの届出」が必要になります。実行日の2日前までに届け出ればOKです。
仕入れたお酒を詰め替えるだけなら詰替えの届出、瓶にオリジナルラベルも貼るならラベルの届出も必要ということです。

 この詰替えの届出とラベルの届出は、原則としてその行為を行う都度届け出ることになります。もっとも、ある程度詰替える量の見込みがある場合は包括的に届け出ることもOKです。見込みの量や期間を届け出ましょう。

 

 これから新規でお酒を販売したいんだけど…

「これから新規で仕入れたお酒をオリジナル瓶に詰替えて販売したい」という方は、まずは酒類の小売業免許を取得しましょう。
免許取得後に詰替えの届出やラベルの届出を行えば、仕入れたお酒をオリジナル瓶に詰め替えて販売することができます。

 

新規での注意点

これから新規で酒販免許を取得することを検討している場合は注意点があります。

まず、飲食店で酒類販売を検討されている方は原則飲食店内での酒類販売は認められていません。あくまで原則です。仕入れを飲食店と酒類販売で別にしたり、会計を分ける等の対応で免許取得の可能性があります。まずは、管轄の税務署に事前相談に行き話を通しておくと良いでしょう。

それから、法人の場合は経営基礎要件として貸借対照表の純資産の部で一定の要件を満たす必要があります。

 

【記事の執筆者】

無料で相談してみる

☎022-212-5880

今すぐお気軽にお電話ください。

専門家がわかりやすくていねいに対応いたします。