ブログ

2019.04.17

よく聞く【ISO】って何?ざっくりまとめます

ISOシリーズ取得をお考えの方、こんなお悩みありませんか?

✔︎ISOを取得するメリットって何?

✔︎うちの会社でもISO取れるの?

✔︎ISO取得で会社のブランディングを図りたい!

この記事では、ISO取得に関する情報をコンパクトにまとめています。

ISOシリーズとは?

ISOとは、国際標準化機構International Organization for Standardizationの略称です。「国際標準を作って世界中で同じ品質レベルのものを提供しましょう」というのがISOの目的です。

製品の例として、非常口のマーク(ISO7010)やカードのサイズ(ISO/IEC7810)、ネジ(ISO68)といったISO規格が挙げられます。これらは製品そのものを対象とする、「モノ規格」です。

一方、組織の品質活動や環境活動を管理するための仕組み(マネジメントシステム)についてもISO規格が制定されています。これらは「マネジメントシステム規格」と呼ばれ、品質マネジメントシステム(ISO9001)や環境マネジメントシステム(ISO14001)などの規格が該当します。ここでは、この「マネジメントシステム規格」に基づく認証制度について説明します。

 

ISOを取得するメリットは?

ISOは国際標準規格なので、海外においては、ISO取得により欧米からの信頼を得られるとメリットが考えられます。また、国内でも顧客の信頼を得たり、社内における仕事の活性化を図ったりするためにも使うことができます。

さらに言えば、建設業や産廃業においては、ISOを取得することで経審や入札での加点事由になったり、優良産廃処理業者認定を受けることができるなどのビジネス上のメリットがあります。

※優良産廃処理業者認定制度についての記事はこちら

 

ISOを取得したいんだけど

ISO 9001などのISOマネジメントシステム規格には「要求事項」と呼ばれる細かい基準が定められています。この要求事項をみたしているかどうかは、認証機関によって審査されます。要求事項をみたしていれば、会社に対して認証証明書(登録証)を発行し公開されます。

ISO取得を検討される方は、まず認証機関(認証機関は約50ほどあります)に相談し、文書作成や運用そして認証までのスケジュールなどを確認すると良いでしょう。そして、要求事項を理解し、現状を分析し、対応策を検討します。それらを文書にまとめマニュアル作成しましょう。作成したマニュアルに基づき、実際にマニュアルの運用を行います。研修などを行いマニュアルの定着を図ります。

 

まとめ

ISOは取得までには、「要求事項の理解、マニュアル作成、運用、見直し、審査」と大変時間がかかります。また、審査費用も50万円〜100万円ほどかかるため、金銭的・時間的なハードルは高いと言えます。しかし、地道に要求事項に取り組むことで社内整備や対外的な信頼が得られるため、取得の効果は非常に高いものと言えます。

 

【記事の執筆者】

無料で相談してみる

☎090-6254-3105

今すぐお気軽にお電話ください。

専門家がわかりやすくていねいに対応いたします。