新着情報

2019.09.25

レギュラー番組『be A-live』出演

令和元年9月25日(水)の11:10頃から、レギュラーラジオ番組『教えて行政書士さん』のコーナーで,、弊所代表の佐久間がお話させていただきました。
今回は【様々な許認可】についてお話しました。
「許認可にはどんなものがあるの?どんな場合に必要なの?どうやって取得するの?」というお話でした。

番組名:be A-live(fmいずみ、ラジオ3、エフエムたいはくの共同プログラム)
毎月最終水曜日
時間: 10:00〜12:00
パーソナリティ:佐藤友美

2019.07.31

レギュラー番組『be A-live』出演

令和元年7月31日(水)の11:10頃から、レギュラーラジオ番組『教えて行政書士さん』のコーナーで,、弊所代表の佐久間がお話させていただきました。
今回は今年の4月に新たに創設された【特定技能】についてお話しました。

番組名:be A-live(fmいずみ、ラジオ3、エフエムたいはくの共同プログラム)
毎月最終水曜日
時間: 10:00〜12:00
パーソナリティ:佐藤友美

2019.06.09

外国人採用セミナーのご案内

弊所代表の佐久間と協同組合DAIの鈴木昌孝氏による外国人採用セミナーが開催されます。技能実習と特定技能にフォーカスしてお話します。

『たった1時間でわかる!外国人採用のポイント~技能実習制度と特定技能について~』
日時:2019年7月2日(火) 18:30~19:30
場所:アエル6階 中小企業活性化センター【セミナールーム2A】
参加費:無料
募集人数:先着10名様

ご参加希望の方は弊所メールまたは下記チラシ記載の連絡先までご連絡下さい。

2019.05.29

弊所代表がラジオ出演しました

令和元年5月29日(水)の11:10頃から、レギュラーラジオ番組『教えて行政書士さん』のコーナーで,、弊所代表の佐久間がお話させていただきました。
今回は【外国人の雇用】についてお話しました。

番組名:be A-live(fmいずみ、ラジオ3、エフエムたいはくの共同プログラム)
毎月最終水曜日
時間: 10:00〜12:00
パーソナリティ:伊藤智瑛子

2019.04.25

ラジオ番組『be A-live』に出演しました。

平成31年4月24日に、弊所代表行政書士の佐久間がfmいずみ、fmたいはく、ラジオ3の共同プログラム「be A-live」に出演しました。

弊所代表行政書士の佐久間は、毎月最終水曜日の11:10頃から、レギュラーコーナー「教えて行政書士さん」を担当しています。今回は平成最後の放送となりました。

今回は、飲食店開業についてお話しました。次回は令和元年5月29日(水)の11:10頃〜です。

 

番組名:「教えて行政書士さん」(fmいずみの番組「be A-live」内のコーナー)
放送局:fmいずみ、エフエムたいはく、ラジオ3
放送日:毎月最終水曜日
放送時間:11:10頃
パーソナリティー:伊藤 智瑛子

2019.03.27

ラジオに出演しました

平成31年3月27日(水)の11:10より、エフエムいずみ(FM79.7MHz)さんの番組be A-liveのレギュラーコーナー『教えて行政書士さん』で代表の佐久間がお話しました。今回は酒類販売免許についてお話しました。

本番組はfmいずみ、ラジオ3、エフエムたいはく、楽天FMの4局ネットです。

次回は平成31年4月24日(水)11:10頃〜です。是非お聞きください。

fmいずみHP

2019.03.25

【産廃収運業許可取得のお客様】無料診断ツールをご活用下さい!

弊所では産業廃棄物収集運搬業の許可取得をサポートしております。許認可取得にあたって要件をクリアしなければなりませんが、許可を取得しようと思った矢先に要件を満たさないことが発覚することが多々あります。そんなリスクを回避するためにも、現在許可がとれそうかどうかを無料で診断できるツールを導入しました。是非ご活用下さい!

(※あくまで許可取得可能性の診断であり、許可を必ず取れるまたは絶対取れないということを請け負うものではございません。予めご了承下さい。)

2019.03.20

【クレジットカード・電子マネー】がご利用いただけます

クレジットカードがご利用いただけます

お客様が弊所のサービスをより一層利用しやすくするため、クレジットカード決済を導入しております。

ご利用いただけるカードはVisa、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、DISCOVERです(※ネットでの決済はVISA、MasterCardのみとなります)。

対応している交通系ICカードは、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん がご利用いただけます。

※申請手数料や登録免許税は現金でお預かり致します。あらかじめご了承下さい。

VISA、Mastercard、SAISON、JCB、American Express、Diners Club、Discover Coineyでクレジットカード決済

 

2019.03.18

【タピ大】で講座を担当しました

平成31年3月18日(月)の19:00より、代表の佐久間が泉パークタウンタピオで行われる「タピオ大学(通称タピ大)」にて講座を担当しました。

講座内容は『知らないと損!行政書士が教える土地活用3つのポイント』です。主に農地の活用方法と注意点をお話させていただきました。

講座レポートはこちら

2019.02.01

新元号で契約書はどう変わる?平成32年はOK?

みんさんこんにちは!tetote行政書士事務所の佐久間です。

 

さて今日は新元号で契約書はどう変わるかをご紹介したいと思います。

 

ビジネスを行う上で、契約書を作成したり官公署に書類を提出したりしますが、書類に日付を記載されていることがありますよね。例えば、賃貸借契約書の場合、契約期間を定める項目で「平成◯年◯月◯日から平成×年×月×日」と記載されています。

 

もし期限が「平成33年◯月◯日まで」となっていた場合、新元号に変わった後にも関わらず平成表記のままで大丈夫かな?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

このような契約の場合、新元号3年であることが明らかです。なので、あえて契約書を作り直す必要はありません。

 

法制局が発表している『改元とそれに伴う法律改正について』という文書の中でも、以下のように述べられています。

“改元があった場合、古い元号を用いた法律上の文言はどうなるのでしょうか。例えば、2020 年に開催される東京オリンピック・パラリンピックは、法律上「平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピッ ク競技大会」とされていますが、平成 31 年に元号が改められる予定ですので、「平成三十二年」を新しい元号による表記に改めるため法律改正をする必要があるのではないか、という問題が生じます。 この点、昭和から平成への改元の際にも同様の問題が生じましたが、結論としては、原則として、改元があったことのみを理由として法律改正を行うことはせず、その他の理由により法律改正を行う場合には、その全般につき、改元に伴う必要な法律改正を併せ行う、という扱いになったようです。「昭和六十五年」、「昭和七十年」といった文言のままでもどの年を指しているのか解釈で特定することは可能であるとの理由からだと思われます。”

 

改元直前に契約書などの期限が重要な意味を持つ書類をかわす場合には西暦表記で書けば混乱を防げます。法的文書は和暦を用いることが多いですが、西暦表記をしても結構です。

 

ということで、今日は新元号に伴う文書の日付のお話でした。

ご参考になれば幸いです。それではまた!

1 2
無料相談受付中 TEL:022-303-3630メールでのお問い合わせ
一番上に戻る