事務所紹介

代表紹介

代表tetote行政書士事務所
代表行政書士 佐久間 康丞

私の名前は父方の祖父が付けてくれたそうです。「康」は徳川家康からとったそうです。私の手相には升掛線があることから天下取りの名前を付けたかったようです。そして「丞」には人を助けるという意味があります。名前負けしないように頑張ります(笑)。

私は昭和58年に仙台市宮城野区福室の産婦人科で生まれたそうです。幼い頃は父親(某大手ゼネコンに勤めていました)の転勤で仙台と山形を行ったり来たりしていました。
小学校は3つ通いました。八乙女小学校・吉成小学校・南吉成小学校です。中学校は南吉成中学校でした。
宮城県泉館山高校卒業後、現役で東北学院大学文学部英文学科へ進学しました。本当は東京の大学に進学したかったのですが、夢かなわず…。
何となく将来が見えず一旦大学を中退しました。
社会人になってから中央大学法学部通信課程で学びなおし無事卒業!この時が一番勉強しました(苦)。毎日の図書館通いが懐かしいです。
前職はギタリスト。一体大学で何を学んだんだ?
フットワークと仕事の早さには定評があります。また、気さくで明るく話しやすい(と思います)。
好きな犬種は鼻ぺちゃ系です。

平成25年 行政書士資格試験合格
平成26年 宮城県行政書士会登録

~他資格~
 TOEICスコア810


~所属団体~
仙台商工会議所会員
仙台はせくら倫理法人会会員

~活動歴~
『失敗しない飲食店開業のコツ教えます』出版
経営革新塾第1期修了
ビジネス発表会優秀賞

ごあいさつ

弊所が誕生したきっかけは大先輩の「お客さんは人につくからね」という言葉でした。モノやサービスそのもの以上に人柄がものすごく大事だと痛感した瞬間でした。

弊所は「99give1take」の精神でお客様と手と手をとりあうあったかいしごとをモットーとしております。行政書士はいわゆる士業として堅いイメージがあることや、その認知度の低さから、とても便利なサービスなのに知っていただけていないという悲しい現実があります。しかし、弊所ではラジオ等を通し積極的に知っていただく活動を行い、士業の敷居の高さやイメージを壊したいという想いを持っています。

「社長の夢を叶えたい」今はそんな気持ちでしごとに取り組んでいます。許認可をとったら何がしたいですか?何を叶えたいですか?この気持ちを大切にしています。

さて、行政書士業務にたずさわりおかげさまでたくさんのお客様とお会いして参りました。 特に多くの社長様や企業家様たちは常にお忙しく、なかなかご自身で動く時間がありません。 新しくビジネスを始めようとするたびに行政への手続をしなければならないことが多いです。しかし、そこに時間をかけていればビジネスチャンスを逃してしまいます。

そこで、そういう書類作成や行政との協議・調整などを行うのが我々行政書士の仕事です。お客様の明るい未来をそして夢を実現する手助けをする仕事です。

最近はネットの普及に伴い、人と人の接触回数は減っています。さらにAIの導入によりより生産性や合理性が求められる時代に変わりつつあります。しかし、逆に言えば人の手ですべきしごとはよりいっそうのマンパワーが求められる時代が来るとも言えそうです。そういう「心が大切になる時代」に向けて、弊所は手と手をとり合うようなあったかい仕事ができればと考えております。

事務所概要

事務所名 tetote行政書士事務所
代表 佐久間 康丞
所在地 宮城県仙台市青葉区水の森3丁目9-17 La Scena水の森101号
TEL 022-303-3630
営業時間 平日 9:30~20:00
※土日祝日対応可

アクセスマップ

無料相談受付中 TEL:022-303-3630メールでのお問い合わせ
一番上に戻る